「GFT」とは?

FXをやっていると、「GFT」や「GFT系」などの言葉を聞くこともあります。皆さんは、これらの言葉の意味をご存知でしょうか?「GFT」や「GFT系」とはどのようなものなのか、具体的に解説していきましょう。

「GFT」は、世界最大手クラスの「FX業者」のことです。1997年に設立された業者であり、歴史が浅いこと、また、日本への進出が遅れていたことから、日本国内ではそれほど知名度のある業者ではなかったのです。

しかし、名前は知らなくても、私たちの知らないところで「GFT」の恩恵を受けていたことをご存知でしょうか?

FX業者は、独自のサービスを展開していますが、「システムそのものが100%オリジナル」ということは珍しいのです。自社で何もかもを開発するより、「他社のシステムを活用する」や、「システムを専門に作っている会社から借りる」という方が「お得」である場合が多いのです。

「GFT」は、非常に優れた「為替取引システム」を開発しており、GFTのシステムを使ってサービスを提供しているFX業者もたくさんあるんですね。もちろん、日本国内にもたくさんあります。

このように、「GFTのシステムを使っている業者」のことを、「GFT系」と呼んでいるのです。つまり、名前は知らなくても、ひょっとして私たちも「GFTのシステム」を使っていたかもしれないのです。

しかし、最近になってGFTの東京支店が設立されたことにより、今後は「GFTで取引する」ということも可能になりました。

これまでは、「GFTのシステムを使った業者での取引」でしたが、GFT本体で取引できるようになったため、よりシステムを効率的に使って取引することが可能になったのです。