FX取引でGFTは使える!>携帯端末サービス

携帯端末サービス

今では、どのFX業者でも携帯端末による取引サービスを展開しています。携帯端末を利用してのサービスは、とくにサラリーマンの方には嬉しいですね。外出先でもレートのチェックや注文が出せますので、自宅にいない時間帯でも効率的に取引をすることができます。

さて、携帯端末の取引サービスは、FX業者によってサービス内容に大きな違いがあるんですね。大きく分ければ、「機能面を追及している」と「見やすさを追求している」の2種類になります。

携帯電話の画面はパソコンより小さいですので、「見やすさ」を追求する必要がありますが、「パソコンと比べると機能が弱い」というデメリットを解消するために、最近ではパソコン並みの機能を搭載したサービスも始まっているのです。

GFTでも、「DealBook Mobile」というサービスを行っており、携帯端末によるサービスを充実させています。GFTの携帯サービスを見ていて、最も気になったのが「プランがいくつかある」ということです。

GFTは世界規模の会社です。国や地域が異なれば、携帯電話の仕様も異なるのです。したがって、「ウィンドウズ版」、「ベーシック」、「ブラックベリー」のように3つのタイプに分かれており、好きなものを私たちが選ぶことができるのです。

私たちが日本で使っている携帯端末では、「ベーシック」が最もオススメですね。

「ウィンドウズモバイル5以上のOS」を搭載している携帯なら、「ウィンドウズ版」の方が機能面から見てもオススメなのですが、このOSを搭載している携帯は日本では珍しいですし、また、「英語版のみ」という点を考えると、やはりベーシックが私たちに最も向いているサービスと言えるでしょう。

@