FX取引でGFTは使える!>損切りをどのタイミングでするのかを判断する必要

損切りをどのタイミングでするのかを判断する必要

外国為替証拠金取引の決済時には、利食いをどのタイミングでするのかを考える必要があります。それとは逆に含み損の状態のときは、損切りをどのタイミングでするのかを判断する必要があります。利食いと損切りのどちらを早く決断したほうがよいのかというと、損切りの決断です。なぜならば利食いというのは、多少時期を遅らせてもプラスになるため、次回以降も取引することができます。しかし損切りの場合は、少しでも時期を遅らせてしまうと含み損が増大する可能性があり、損失が膨らんで取り返しのつかないことになるからです。そのようなことを続けると、取引の資金が底をついてしまい、FXから撤退しなければならなくなります。このようなことにならないためには、保有している通貨ペアが含み損で回復する見込みがないと判断した場合、即座に決済をするべきです。即座に決済をすれば損失を限定することができ、次回も取引することができてプラスになれば、損失分を取り戻すことができます。